fc2ブログ
 

不思議な...

不思議な...

不思議で素敵なものを見ました。
とても小さいものですが、見ている自分もそのサイズになってその世界に入り込んでしまいそうです。
とっておきの絵本をみている時のような。
熱と頭痛に悩まされたあとに本当にいいものを見ました。

それから、久々に大谷峯子さんの「ファシナシオン」という本を手元に。
帯には
「生きていた時、好きだったこと」
ってあります。
「幸せに感じること」がいっぱい散りばめられたこの本。
例えば...

「小さいころ、おぶわれて、眠ること。」

「眠ってしまった人に毛布をかけてあげること。
目をさましたら、何かかけてもらっていたことに気づくこと。」

「草や葉っぱが風に揺れるのを見る。
とくに、夕方の空の色をバックに見ると静かなしんとした気持ちになること。」

「早朝の約束の列車に間にあって、ほっとして座席に腰をおろし、ゆっくりと列車が動きだす時。」

...ああもう「そうそう!」ってのがてんこ盛りです。

作品社刊なんですが、現在絶版なんです。なんでこんな気持ちのいい本を(涙)。
でも、持ってて良かったです。
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
変な夢。  ←変な夢。 【2003年07月】の更新記事一覧 →リフレッシュ。  リフレッシュ。
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索